現在サイトを再構築中です/いかなる内容であろうとも、営業電話は固くお断りします。営業のアポイントはウェブ予約をご利用ください。

不妊の検査を受けるまでによくある男性の話

 来院者のほとんどが女性であるじねん堂は、不妊治療が現在進行中の方はもちろん、これから検査をしようかと悩んでいらっしゃる方や、すでに不妊治療を終了された方もいらっしゃいます。
 その様な方たちとお話をしている中で、やはり気になるのが検査に対する男性の消極性
「不妊の検査を受けようか?」と、女性が持ちかけても、「いや、僕は遠慮しとく」とか、「俺は受けなくても大丈夫」といった答えが返ってくるのだとか。

 その様な不妊検査に対する消極性の原因として、よく言われているのは、恥ずかしがっているだとか、ビビっているというもの。私も男性ですのでその気持ちは分からなくもないのですが、女性の不妊検査はチェック項目が多く時間がかかるのが一般的で、痛みを伴うものもある反面、男性の検査は比較的簡単に済むものなのですから、ここは先陣を切っていただきたいところです。

 長期に亘るかもしれない不妊治療は、夫婦の協力が不可欠。

 はじめの一歩を男性側から踏み出すことは、その後(男性に異常が無ければ、あるいは双方に異常があった場合も)大きな負担がかかるかもしれないパートナーに対して、支えとなることの意思表示でもあるのではないでしょうか。
 ふたりで産婦人科を受診したなら、「取り敢えず僕が先に検査してみます」。
 パートナーが受診を迷っているようなら、「じゃあ、とりあえず先に泌尿器科へ行ってくるわ」。
 そう言えるのが男前だなと、じねん堂は感じています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次