現在サイトを再構築中です/いかなる内容であろうとも、営業電話は固くお断りします。営業のアポイントはウェブ予約をご利用ください。

佳人薄命 ―恋煩いと東洋医学―

 心身の機能を何でもかんでも「臓器の名を冠した5つのカテゴリー」に分類した東洋医学。憂い、嘆き、悲しみなどの感情は肺臓に関係すると考えられています。それらが強すぎると、肺臓の機能を損なうとされているのです。

“泣ける” 種類のドラマや映画ばかりを観たがるということは、肺臓の働きに何か変化があるからかも。

そんなものはただの好みだろう

 確かにそうかもしれませんが、「最近特に」とか「このところ妙に」という修飾ができるような変化であれば、少し疑ってみて良いとも思います。

 そういえば、文学などに見られる肺病(結核)と佳人薄命のイメージ。憂い、嘆き、悲しむヒロイン。ただの偶然ではないかもしれませんね。

ロマン主義の時代に結核が流行っていただけだろう。

確かに……。これは気のせいか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次