現在サイトを再構築中です/いかなる内容であろうとも、営業電話は固くお断りします。営業のアポイントはウェブ予約をご利用ください。

不妊治療に整体が効く?

 昨今、骨盤矯正で不妊を治すという整体院が散見されるようになりました。「不妊の原因は骨盤の歪み」なのだとか。

 果たして本当でしょうか。

 じねん堂でも補助的に施術の中で整体をおこなうことはありますが、骨盤の歪みと不妊症の関係については、その原因を骨盤に求めることができずにいます。とはいえ、不妊症に対する整体の効果はと聞かれれば、「期待できる」と答えます
 なぜなら、整体による施術の影響が筋肉と自律神経にあらわれるから。
 精神的な要因や日常生活・職務上の要因などから不良姿勢が継続されることで、不自然な部分の筋肉が持続的に伸長あるいは短縮、緊張し、自律神経系の働きを乱すというのはよく知られていることです。

自律神経失調症状に対する整体の考え方については、

鍼灸は心身の調子を整えるのに有益です。血流を改善したり筋緊張を緩和する力も強いと言えます。しかし、鍼灸だけでは日常生活で長年癖付けされた姿勢や筋・骨格の見た目上のねじれ・歪みなどを正すことが難しいのもまた事実。
 自律神経失調症というと原因不明の体調不良というイメージが強いかもしれませんが、人体の構造上の不均整(姿勢の乱れ)も、自律神経系の乱れを惹起する一因と考えられます。例えば、パソコン作業やスマホ操作などによって、いわゆる猫背・巻き肩で首を前に出したような姿勢が持続すると、副交感神経の活動が抑制されて交感神経が優位になることが分かっています。椅子に浅く腰掛けて背もたれにもたれ掛かるような座り方も同様です。また、猫背・巻き肩で縮こまった姿勢は、呼吸を浅くし、種々の不調を長引かせてしいます。呼吸に伴う胸の動きを手技療法やホームケアで改善したところ、パニック症状が治まった事例もあります。
 したがって、不良姿勢に代表される筋・骨格の不均等はなるべく早く解消した方が良いのです。それには、筋肉を緩めるのはもちろんのこと、身体各部位の位置や筋肉の使い方を身体に再学習させることが重要になってきます。習慣化してしまった不良姿勢の矯正、好ましい姿勢の再学習には、手技療法(整体・機能訓練)やエクササイズが最適です。

自律神経症状

と、別のエントリーでも記載しています。

 これと同じことが、不妊への整体に関しても言えるのです。
 スムーズに妊娠するためには卵巣や子宮への豊富な血液供給が必要と考えられていますが、自律神経系の働きが乱れることで、その血流が減少するとの報告があります。必要なホルモンの分泌も阻害されるかもしれません。そこで、自律神経系の乱れの要因となった “人体の構造上の不均整(姿勢の乱れ)” を、整体の手技を用いて矯正することで働きを整え、骨盤内の血流やホルモンバランスを改善しようとするのです。
 また、自律神経云々ではなく、背骨から始まって骨盤内を通って太ももの骨に付いている筋肉(大腰筋)を刺激することで、骨盤内の血流を促すことができるかもしれません。大腰筋が過剰に緊張した場合、骨盤内の血流を阻害する可能性も否定できません。この筋肉は整体において比較的頻繁に手を加えるところです。
 以上のように、整体の施術により自律神経を介したり筋肉に直接作用したりして卵巣や子宮への血流を促すことで、不妊症の改善を図ることができるのです。

 じねん堂はあくまでも骨盤(の構造)は簡単には歪まないし、仮に歪んでいたとしても整体院で行う骨盤矯正程度では矯正した状態を保てないという立場ですが、骨盤の歪み(見た目の傾き・筋肉の不均整)を矯正することで不妊の改善を期待できるとは考えています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次