現在サイトを再構築中です/いかなる内容であろうとも、営業電話は固くお断りします。営業のアポイントはウェブ予約をご利用ください。

不妊の原因は冷えではありません ― 嘘つきたちの手口 ―

 昨今我々の業界では不妊症・不育症をターゲットにした治療というのがちょっとした流行になっています。鍼灸・整体・柔道整復を問わず、『不妊治療はドル箱。取り入れたら儲かりまっせ!』という雰囲気丸出しのセミナーやらノウハウDVDやらが売り出されています。
 そのことに対して強い嫌悪感を示す “善良な” 施術者もたくさんみえるわけですが、私は彼らとは少し考え方が違います。
 私は、売り上げ増を見込んで不妊に対する施術を始める行為を悪いことだとは思っていません。我々は慈善事業ではなくて、生活のために、商売として施術所を経営しているのですから、儲かりそうだから手を出すことそのものを責められる謂れは無いのです。
 ただし、ドル箱を獲得するならば高品位なものを提供し続けなければなりません。不妊に悩む方々の身体をお預かりするに足る技術や知識を獲得し、生じる責任の重さを自覚することが大前提となります。ここは強調しておきたいです。

 それよりも私が問題視しているのは、「善良な振りをして患者を脅す者たち」の存在です。故意なのか、無知からくるものなのかは分かりかねますが、不妊鍼灸界隈、とりわけ東洋医学的な手法を推す鍼灸院に散見されることです。

 代表的なのは冷えの問題です。

彼らは不妊の原因が冷えだと嘘をつく

 まずは、善良な振りをして患者をだます鍼灸師の手口を紹介します。彼らの鍼灸院ホームぺージから、一部を抜粋しました。

「不妊症なんです」と来院される患者様のお腹や足を触るとキンキンに冷えている方がとても多いのです。(中略)
末端(足)で冷やされた血液は心臓に帰るために、骨盤や腰を通って心臓を目指します。ということは常に冷たい血液が子宮を直撃しているのです。
この状態は、子宮が冷蔵庫の中にあるのと同じイメージなのです。冷えた冷蔵庫の中では、赤ちゃんも寒すぎて、とても40週もとどまっていられません。結果として子宮から去る結果に・・悲しいことです。

某鍼灸院のHPより抜粋

 謎理論で脅しにかかっています。“子宮が冷蔵庫の中にあるのと同じ” とか、“結果として子宮から去る” など、センセーショナルな表現を用いて冷えの症状を持つ母親の責任を暗示しています。

私は冷えているから赤ちゃんができないんだ。
この冷えを何とかしなきゃ!!

 冷えを自覚している不妊症の女性は気が気ではなくなるでしょう。そこに、

はりきゅうは身体全体のエネルギーを高め、冷えた身体を温かく保ちます。(同じ鍼灸院のHPより引用)

と、鍼灸が唯一の救いの手であるかのように追い打ちをかけて受療を促す。これが彼らの手口なのです。

どうか騙されないでください

 上記の理論だと、足が冷えているからお腹が冷えるといことになります。つまり、足の冷えあるいは末端で冷やされる状態が最初に存在しているのです。仮にそうであるとすれば、足を保温しておきさえすれば、“末端(足)冷やされた血液” が “子宮を直撃” することも無くなり、妊娠の継続が可能となるでしょう。身体全体のエネルギーも鍼も関係なくなります。
 また、 “末端(足)で冷やされた血液は心臓に帰る” ので “常に冷たい血液が子宮を直撃している” のであれば、逆に、心臓から送り出された温かい血液もまた、足に至る前に子宮を直撃しているのではないでしょうか。
 事実、骨盤部の太い静脈(冷たい血液)と動脈(温かい血液)とは寄り添うように走行しています。冷たい血液と温かい血液とが寄り添っているのに骨盤内が冷え続けてしまうというのであれば、妊娠を維持するどころか、身体がどこまでも冷えてしまって母体の生命維持もままならなくなってしまいます。私たちはトカゲや魚などのような変温動物(外気によって体温が影響を受ける動物)ではありません。外気温が変化しても体温を一定に保つことができる恒温動物です。日本で服を着て普通に生活できている限り、命を失うほど低体温になることはあり得ません。
 因みに、子宮の下には膀胱があります。男性の場合、女性であれば子宮のあるあたりに膀胱があります。こちらも静脈の“すぐ近く”ということになりますが……。

 寒い時や足が冷えている時、冷たいおしっこが出ますか?

 出ませんよね。これこそ、足が冷えていてもお腹の中は冷えた冷蔵庫の中のような状態にはなっていない証拠です。
 そしてそもそも、足から心臓に戻る血液は子宮を直撃しません確かに足から戻ってくる血管は骨盤内を通りますが(外腸骨静脈・総腸骨静脈)、子宮には子宮を取りまく独自の動脈と静脈が存在し、足から戻ってくる血液との直接的な交流は行われないのです。

 つまり、足が冷えていると妊娠できないという理論は全くの出鱈目と言えるのです。


「ドル箱」を獲得するために技術と知識を磨く者と、善良な振りをして言葉遊び程度のトンデモ理論で患者を脅す者。はたして、どちらが信頼するに足る施術者でしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!